株式会社シムコ | トピックス/新着情報 | 商品情報 | 採用情報 | 会社案内 | 施設案内 | お問合せ | HOME |
〜おいしいポークへの最初の一歩〜 シムコ種豚オンライン



7.良い環境の維持
HOME >> 【肉豚を育てる】 7) 良い環境の維持


種豚を作る
1) 優秀な遺伝子を持つ豚
#プライマリー豚
2) データに基づき育種改良
3) 原原種豚・原種豚の生産・繁殖
3') 特に優秀なものは原原種豚へ
4) 種豚の生産・繁殖
5) 種豚・精液の販売

肉豚を育てる
6) 肉豚の生産・繁殖
7) 良い環境の維持
  もっと詳しく知りたい方へ
8) 肉豚の肥育
9) 健康な肉豚
10) 肉豚の出荷

豚肉を食べる
11) 食肉に加工
12) 店頭へ
13) 家庭へ
14) 安全で健康な食卓

SPF豚について


豚にとって良い環境とは何か

豚は家畜である以上、健康に早く育つことが求められます。そのためには、豚のいる環境すなわち温度や湿度などの諸条件が、豚にとって快適であることが大事です。
近年は、窓のないウインドウレス豚舎が多くなって、温度を調節するシステムが普及。空調機器も自動化され、豚舎内の温度に合わせて換気量を自動的に調節するシステムや、舎内が乾燥しすぎないように細霧装置で定期的に加湿するという方法も採用されています。また、開放型豚舎であれば、豚の行動や舎内に据え付けられた温度計を見ながら、カーテンの開け閉めや通路への散水などをおこなって対応します。
もうひとつ大事なことは、愛豚精神あふれるスタッフの存在です。設備の近代化も大切ですが、すべてを機械任せにすることは、思わぬ落とし穴の存在を見落とす危険性につながりかねません。豚を飼う人が、しっかり自分の目で豚を見て、健康状態をきちんと把握することが重要なのです。採食、飲水、休息行動などをはじめ、皮膚のつや、皮毛の状態、目の輝き、さらに糞便の状態や尿の色からも健康状態を推察できます。多忙な仕事の合間に、こうした観察そのものを、あたかも豚と会話するように楽しみ、そこで得られた情報を、豚にとって良い環境を維持するために活かしていく。シムコでは、こうした考え方のもとで、農場の運営をおこなっています。


[ 開放型豚舎 ]



もっと詳しく知りたい方は、こちら
[ 高い衛生レベルを維持する ]
[ 安全な飼料環境で育てる ]
[ 販売についてのお問い合わせ先 ]

前へ戻る 「8) 肉豚の生産・肥育」へ

種豚を作る 肉豚を作る 豚肉を食べる SPFについて HOME

| トピックス/新着情報 | 商品情報 | 採用情報 | 会社案内 | 施設案内 | お問合せ | リンク | プライバシーポリシー |
Copyright (c) CIMCO Co., Ltd. All Right Reserved.
#プライマリー豚 2) データに基づき育種改良 3) 原原種豚・原種豚の生産・繁殖 3') 特に優秀なものは原原種豚へ 4) 種豚の生産・繁殖 5) 種豚・精液の販売 6) 肉豚の生産・繁殖 7) 良い環境の維持 8) 肉豚の肥育 9) 健康な肉豚 10) 肉豚の出荷 11) 食肉に加工 12) 店頭へ 13) 家庭へ 14) 安全で健康な食卓 1) 優秀な遺伝子を持つ豚 counter