採用情報トップメッセージ

株式会社 シムコ 
代表取締役髙田 和之

種豚のデファクトスタンダードを
目指して。

わたしは、これまで畜産ビジネスに長く携わってきた経験から、いま大きな変化が起きていると感じています。
たとえばスーパーマーケットなど食肉流通の現場で、「自分たちが売っている豚肉を、種豚までトレースバックできることが理想」という声を耳にします。どのような親豚から産まれ、どのような環境で育てられたか、それを何世代もさかのぼって確かめられる。つまり、出自がハッキリしていることに価値を認める、そういう流れが生まれているのです。こうした変化の背景にあるのは、畜産ビジネスの垂直統合=インテグレーションによる効率化の追求、そして美味しく安全な豚肉を求める消費者のみなさんの声です。

シムコは、創業50周年を迎えた種豚の専門家集団です。これまで長年追求してきた、日本人の繊細な味覚にふさわしい豚肉の美味しさを生み出す、シムコの種豚。今日では国内の数々の銘柄豚に採用され、その質の高さは折り紙付きです。
それに加えて、新たなチャレンジもスタートしています。世界の頂点を極めるような、高い生産性を誇る、ダンブレッド種豚。国内向けに、その本格的な生産・供給体制を構築しています。
豚肉の美味しさ、そして高い生産性。これらを軸にして、わたしたちは豚肉生産のあらゆるインテグレーションに参画するべく、種豚のデファクトスタンダードとなることを目指した育種開発に取り組んでいきます。

さらに、もうひとつ。シムコがこれまで磨き上げてきた育種技術をよりいっそう高め、栄養、繁殖、衛生の各分野の技術とも一体になった総合的な育種ソリューションを確立していきます。
日本の畜産ビジネスをもっともっと発展させていくために。私たちは走り続けます。

髙田 和之 プロフィール

長年にわたり商社の畜産ビジネスに携わり、インテグレーションの川下(食肉流通)、川中(食肉加工)、川上(飼料供給)に関わった経験をもつ。そうした経験にもとづく幅広い視野から、種豚ビジネスのさらなる進化に取り組んでいる。信条は「自分に厳しく、外には礼を」。